FC2ブログ
  1. Top
  2. » 侵入

【侵入B氏】第1話:女子大生の部屋と体

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 睡眠姦(1): 女子大生の部屋と体  

-----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 睡眠姦(1)~女子大生の部屋と体~
  1.序章
  2.侵入
  3.生オナホ
  4.穴付き抱き枕
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

とりあえず、掛け布団を剥がします。
布団の中にこもっていたY里さんの体温と匂いが、モワッと部屋に広がります。
暗闇の中、ピンクのパジャマのY里さんが現れます。
Y里さんの体を手探りでまさぐります。
柔らかいお肉がたっぷりついたその体。体温は高め。
腕を絡ませ、足を絡ませ、徐々に覆いかぶさっていきます。

体と体がピッタリとくっついたところで、抱きしめながら軽くキス。
全身でY里さんのムチムチした小柄な体を堪能しながら、柔らかい唇に何度もキスをします。
ハミガキのミントの味。吐息の中に、胃酸の臭いがちょっぴり混ざってます。

ほっぺたを掌でムニムニしてから、ショートボブの髪の毛を撫でます。
パジャマのズボンに手を突っ込んで、生尻を撫でまわします。
スベスベの生尻を揉みまくります。
パジャマのシャツに下から手を入れて、ノーブラの生おっぱいをやわやわと揉みます。
おっぱいの先っぽの乳首をクニュクニュと転がします。
股間をY里さんのおなかにこすりつけます。
Y里さんの股間にこすりつけます。

Y里さん、しっとりと汗をかいてます。
パジャマの清潔な匂いとまざって、脳天を痺れさせるいい匂いが充満してきます。
この気持ちのいい体をもっともっと・・・

-----

【侵入B氏】第2話:美少女JKの処女

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 睡眠姦(2): 美少女JKの処女  

 -----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 睡眠姦(2)~美少女JKの処女~
  1.序章
  2.処女
  3.中出し
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

Tシャツ、ショートパンツ、ショーツを脱がせて、K奈さんを産まれたままの姿にします。
透き通るような若い肌、枕元に広がる黒髪、Aカップの胸にちょこんと勃つピンクの両乳首、ちょろっと生えた陰毛、綺麗に閉じた縦すじ。
全身から柑橘系の香りが漂っています。お肌ケアで塗り込んだボディクリームの香りです。

K奈さんの体に触れます。男を知らない体の感触を、隅々までたっぷりと味わいます。
髪から顔、肩、指先、腕、ちっぱい、おなか、腰、太股、お尻、陰毛、股間、ひざ、ふくらはぎ、足の裏まで、余すところなく僕の掌を這わせます。
ベタベタと体を触りながら、K奈さんのファーストキスを奪ってあげました。
チュッチュッ、と優しく、何度も、何度も。
柔らかい唇を丹念に舐めながら、軽く鼻をつまみます。ぱかっと半開きになった口の中に舌を入れます。
リズミカルな寝息のK奈さんと、舌先を絡めるようにして少しずつ唾液の交換をします。
掌でちいさなおっぱいを撫でまわします。乳首は特に集中的に転がしてあげます。大きく息を吸い込むK奈さん。乳首責められるのが嬉しいみたいです。

K奈さんの閉じた割れ目に、持参のローションを塗り付けます。
指先で割れ目を開いて、処女膜を破らないように気を付けながら、ローションを奥へ奥へと流し込みます。
クチュクチュとイヤらしい音を立てるおマンコ。
ローションでクチュクチュさせながら、おマンコの入り口付近に残った汚れカスをこすり取ってあげます。
丹念に割れ目を弄ってると愛液が混ざってきました。K奈さんの体はこれから起こることを察してるようです。

-----

【侵入B氏】第3話:絡みつく奥さん

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 睡眠姦(3): 絡みつく奥さん  

-----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 睡眠姦(3)~絡みつく奥さん~
  1.序章
  2.旦那の横で、子供たちの横で
  3.絡みつく奥さん
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

H子さんのお尻を引き寄せて、挿入しやすい体勢にします。
おマンコの入り口に亀頭をあててビラビラの柔らかさを味わいます。
ツプっと少しだけ穴に押し込みます。奥さんの穴がチンコを吸い込もうと蠢いてます。
ズブズブと亀頭を沈めていきます。奥さんの穴にチンコが引きずり込まれていきます。
H子さんの背中が軽くのけ反ります。甘い吐息が漏れます。
H子さんの一番奥に亀頭が到着しました。子宮口とキスをします。

僕はそのまま、物音ひとつさせずにじっとおマンコの感触を味わいます。
旦那さんの微かないびき、子供たちの浅い呼吸のリズム、奥さんの深く甘い吐息。
部屋の静寂とは真逆、布団の中では奥さんのおマンコが僕のチンコを激しく締め付けてきます。

-----

【侵入B氏】第4話:美少女二人並べて穴くらべ

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 睡眠姦(4): 美少女二人並べて穴くらべ  

-----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 睡眠姦(4)~美少女二人並べて穴くらべ~
  1.序章
  2.肉くらべ、穴くらべ
  3.生オナホその1:JCマンコ
  4.生オナホその2:美少女フィギュアマンコ
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

ベッドの上、産まれたままの姿で仰向けに眠る美少女二人。
僕もすっぽんぽんになってベッドに上がり、お二人の間に正座で座ります。

右手にS桜さん。左手にM咲ちゃん。
お二人のおなかに掌を置きます。
右手にはS桜さんのしっとりとした肌の感触。左手にはM咲ちゃんのサラサラした肌の感触。
柔らかい肌の上を胸の方に向かって滑らせていきます。
CカップのS桜さんのバスト、AカップのM咲ちゃんのバスト。
それぞれの掌でお二人の胸を揉みます。

右手、S桜さんのおっぱいの肉が指の間からはみ出してきます。
トロトロおっぱいをモニュモニュと揉み込みます。
掌で勃起した乳首をコロコロと転がします。

左手、M咲ちゃんのちっぱいは掌にすっぽり収まっています。
可愛いちっぱいを撫でるように揉み込みます。
乳首は陥没してて突起の感触が少ないです。

右手と左手で全然違う感触。
二つの女体を同時に味わうという極上の贅沢。
チンコはすっかりギンギンで、興奮して鼻息が荒くなってきます。

-----

【侵入B氏】第5話:汗臭い制服JK

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 睡眠姦(5): 汗臭い制服JK 

 -----
<目次>
-----

 ■【侵入B氏】第5話:汗臭い制服JK
  1.序章
  2.部活帰りの汗臭いおマンコ
  3.制服を脱がして尻の臭いを嗅ぐ
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

部屋には、ベッドにもたれかかって眠る可愛いすずちゃんの姿。
クークーと深いいびきをかいています。

高校の制服姿のすずちゃん。
お風呂に入っていないすずちゃん。
バスケ部で流した汗を全身に残したままのすずちゃん。
1日分の汚れを最大限に蓄積した身体のすずちゃん。

僕は持ってきたビデオカメラをセットします。
理性が残っているうちに事務作業をしておきます。
去年の秋にすずちゃんと出会ってから、この瞬間をどれだけ夢見てきたことか。
すずちゃんの身体に触れてしまうと、理性が保てなくなって逝くところまで逝ってしまいそうです。

準備は整いました。
僕は眠っているすずちゃんに近づきます。

白い長袖ブラウス、ノースリーブの白いベスト。
襟元には紺色のネクタイ。
膝上丈のミニスカートはグレーを基調としたタータンチェック。
足元は紺色のハイソックス。

僕は寝ているすずちゃんの足に靴を履かせました。
玄関から持ってきた黒革のローファーです。
せっかくの制服姿ですし、靴は必須です。
これで美少女制服JKの完成です。

-----