FC2ブログ
  1. Top
  2. » JK

【操りC氏】第1話:美少女JK

1.序章

俺の日々の暮らしといえば、昼間はFXで稼いで、夕方は女の体を弄んで、夜は寝るだけ。
淡々とそんな生活をしている。
FXのチャートを眺めるのは午前中だけ。時間もお金もそこそこある。
特定の住所はない。
いろんな街のビジネスホテルを1ヵ月単位で転々としている。
ノートパソコンさえあれば、仕事はどこでだってできる。

梅雨の時期、とある街の古いビジネスホテルを借りた。
昼寝から起きた俺は、女を探しに通りに出る。
夕方4時、人通りは少ない。
俺は自販機の陰に隠れて、小さな双眼鏡を覗きながら向こうから歩いてくる女を物色する。
OL、主婦、子連れ、学生。
顔、スタイル、服装、仕草を舐めるように見ながら、俺の肉棒が求める女を探す。

双眼鏡越しにセーラー服姿のJKが飛び込んできた。
ムクムクと反応する肉棒。

美少女。
1000年に1人の逸材と言っても過言でない。

» 続きを読む

【侵入B氏】第2話:美少女JKの処女

1.序章

僕は、寝ている女性を犯すいわゆる睡眠姦が好きです。
気に入った女性の自宅のカギを入手して夜な夜な忍び込み、即効性の睡眠スプレーを使って性癖を満たしてます。(※第1話参照

職業は保険の販売員。
今日はお得意様のH元さんのマンションに訪問してます。
リビングのテーブルを挟んで向かい側、美人の若い奥さんが座っています。
契約中の学資保険の運用状況を説明するために伺いました。
一人っ子の娘さんのために入っていただいた学資保険。進路とお金のことは気になりますよね。

『ただいまー』

娘さんが帰ってきました。
ハスキー声、胸に赤いリボンのセーラー服姿で現れたこの娘さんは、H元K奈さん。●歳、JK。
私が来ていることに気付くと、はにかみながら会釈してくれました。

とびっきりの美少女。
アイドル級のその姿は、1000年に1人の逸材と言っても過言ではありません。

» 続きを読む

【侵入B氏】第5話:汗臭い制服JK

1.序章

僕の趣味は睡眠姦です。
今夜のお相手は、息を呑むくらいの超美形のJK。
名前はH瀬すず。

すずちゃんとお会いしたのは去年の秋。
その時のすずちゃんは肩に届かないくらいのショートボブでした。
そんな可愛らしいすずちゃんのおマンコにすぐにでもチンコを挿れたかったのですが、合鍵の入手に手間取ってしまいました。

そして季節は変わって、春。
すずちゃんは3年生。
短かった髪は肩まで伸びてミディアムヘアになりました。
ちょっぴり大人っぽくなったすずちゃん。

» 続きを読む