FC2ブログ
  1. Top
  2. » エロ小説-痴漢A氏の場合

【痴 漢A氏】第1話:新しい獲物

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 痴 漢(1): 新しい獲物  

 -----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 痴 漢(1)~新しい獲物~
  1.序章
  2.獲物
  3.初物
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

白のパンプス、半袖白ブラウスは昨日と一緒。
だが、ブラウンのプリーツスカートは昨日より長めで膝下まで。
シュシュの色もグレーだし、なんだかテンション低いように見える。
落ち込んでる?気のせい?
なんて妄想を楽しみながら、私はS美の後ろに並んで電車を待つ。
しばらくすると電車が到着し、私はS美と一緒に満員電車の中に入っていった。

S美の真後ろに位置取り。
電車はまだ動いていない。
私は躊躇することなく、S美のお尻に、左手の掌をピタッと重ねる。

S美はビクッと震えた。
私は、掌をS美のお尻に張り付けたまま、動かさずにジッと待った。
S美は動かない。そして・・・
諦めたようにうつむいた。
私の口元は思わず緩み、ニヤついた。
勝った。
これでこの体は私のモノ。

左掌にゆっくりと力を込めて、S美のお尻に食い込ませていく。
柔らかい。それでいて、適度に弾力もあり、触り心地がいい。
お尻を、ゆっくり、丁寧に、何度も揉みこんでいく。
掌全体、指全体を使って、左のお尻をゆっくりと撫でまわす。
サラサラ生地のスカートが気持ちいい。
プリーツのスベスベ感が、撫でまわしたくなる衝動をさらに加速させる。

-----

【痴 漢A氏】第2話:おでかけコーデの童顔女子大生

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 痴 漢(2): おでかけコーデの童顔女子大生  

-----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 痴 漢(2)~おでかけコーデの童顔女子大生~
  1.序章
  2.冷える体、火照る体
  3.射精、共同作業
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

Y里の背後に回り、少しお肉の乗ったウエストを両手でつかむ。『うっ』と小さく呻くY里。抵抗できずなすがまま。
そのまま腰を引き寄せて、Y里のふわふわのお尻を勃起した股間でつつく。
目の前には黒髪ショートカットのY里の髪。汗臭い匂いが充満する車内で、Y里の首筋から漂ってくるローズの香り。
スーっと音を立ててY里の匂いを吸い込む。嫌悪感に首をひっこめるY里。
フーっと耳に息を吹きかけると、さらに嫌がって背を丸める。
するとY里のお尻が突き出され、私の股間にボフッと入ってきた。『あっ』とお尻を離すY里。そこへまた息を吹きかける。ふわふわお尻がまたボフッと入ってくる。
柔らかく股間に入ってくるお尻を軽いタッチで撫でまわす。
そして電車が発車した。

電車が動き出すとすぐに、フリルの付いたノースリーブの左脇に左手を伸ばす。私の手が蠢くたびにY里はビクビクっと震える。
ワンピースの脇、白いベアトップの綿生地の感触。布越しに感じるブラのワイヤーの感触と膨らんだ柔らかいバストの感触。
布生地はしっとりと濡れている。ガンガンに効いたエアコンのせいで冷たくなっている。
ノースリーブから手を侵入させて上へと進み、素肌の左肩に触れる。冷たい肌。私の熱くなった手で肩をまさぐる。
我慢できず、Y里の左乳を左掌で覆う。襲ってくる手から逃れようと、Y里はまたしてもお尻をボフッと突き出すことに。
スポブラのような綿生地の感触を味わいながら、Y里の大きな胸をゆっくりゆっくりと揉み込む。
冷たく濡れた生地を私の掌で温めていく。

-----

【痴 漢A氏】第3話:でか乳でか女

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 痴 漢(3): でか乳でか女  

-----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 痴 漢(2)~おでかけコーデの童顔女子大生~
  1.序章
  2.虫を見るような目
  3.ぱふぱふ
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

S織の右胸の乳房に左手を添える。
練習着とブラに持ち上げられた肉の塊がブルンと揺れる。
手で振動を送り、ブルンブルンと揺らして感触を楽しむ。

相変わらず不機嫌な顔で横を向くS織。
怒りに満ち、固く閉じた口元から歯ぎしりの音が聞こえてきそう。

S織の両胸に両手を添える。
両方の下乳をモミモミとゆっくりと揉む。
柔らかい巨乳の感触。
胸を持ち上げると、ずっしりとした重みが掌に乗る。
指先で乳首を探すが、服の層に遮られて見つけることはできなかった。
目の前にある巨乳を揉み、さすり、持ち上げ、揺する。
カメラ小僧が届かない禁断のゾーンを無遠慮に凌辱する。

-----

【痴 漢A氏】第4話:ショートパンツのお人形さん

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

  おかず小説どうぞ 痴 漢(4): ショートパンツのお人形さん  

-----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 痴 漢(4)~ショートパンツのお人形さん~
  1.序章
  2.後ろから生マン
  3.ラブドールを人間に戻す
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

指先を、S桜の秘部へと向かわせる。
右手の2本の指を交互に動かし、S桜の尻たぶの上をプニュプニュと歩く。
ショートパンツ、ショーツの裾の中を、肉の沼地に足を取られながら秘部に向かって行進する。
指に巻き込まれ、S桜のお尻の肉が広がる。
ショートパンツの中で、S桜の肛門が広がる。
中指がS桜の肛門に到着する。
ツプッと指先が罠にハマる。
その瞬間、S桜はパチパチっとまばたきをする。
でも変化があったのはそれだけ。何事もなくすまし顔で外を眺めたまま。

2本の指でS桜の肛門をこねる。
肛門の毛を巻き込みながら、ツプツプとこねる。
少しねばっこい液の感触。
ほんの少しだけ指先を穴に入れて、ムニムニとこねる。
肛門の温度が上がってホカホカしてくる。
それでも無表情を貫くS桜。

-----

【痴 漢A氏】第5話:振袖美女の触り方

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

おかず小説どうぞ 痴 漢(5): 振袖美女の触り方

 -----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 痴漢(5)~振袖美女の触り方~
  1.序章
  2.振袖、秘密の隙間
  3.正絹オナニー、美女の手オナニー
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

指先に感じる綿の感触。
和服の下着、肌襦袢の感触。
下着らしいふわりと優しい綿の手触り。絹の滑らかさとはまた違う。

その綿生地は、S未の脇汗でしっとりと濡れている。
重ね着の振袖は温かく熱がこもりやすい。
振袖の奥にこもったS未の体温が指先を通してムワッと伝わってくる。

しっとり湿った肌襦袢。
蒸れた布に指を絡め、S未の汗とぬくもりを楽しむ。
近づくDカップの胸。
指先に確かに感じる弾力。

私は肌襦袢の綿生地を指先に巻き込んでいく。
次の隙間を探索する。
女性の着物の最後の隙間を探索する。

-----