FC2ブログ
  1. Top
  2. » エロ小説-痴漢A氏の場合
  3. » 【痴 漢A氏】第5話:振袖美女の触り方

【痴 漢A氏】第5話:振袖美女の触り方

※Kindle限定シリーズ。Amazonにて好評配布中。
※PC、スマホでも読めます。無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ」 無料アプリはコチラ→「Kindle無料アプリ

おかず小説どうぞ 痴 漢(5): 振袖美女の触り方

 -----
<目次>
-----

 ■おかず小説どうぞ 痴漢(5)~振袖美女の触り方~
  1.序章
  2.振袖、秘密の隙間
  3.正絹オナニー、美女の手オナニー
 ~作品情報~

-----
<サンプル>
-----

指先に感じる綿の感触。
和服の下着、肌襦袢の感触。
下着らしいふわりと優しい綿の手触り。絹の滑らかさとはまた違う。

その綿生地は、S未の脇汗でしっとりと濡れている。
重ね着の振袖は温かく熱がこもりやすい。
振袖の奥にこもったS未の体温が指先を通してムワッと伝わってくる。

しっとり湿った肌襦袢。
蒸れた布に指を絡め、S未の汗とぬくもりを楽しむ。
近づくDカップの胸。
指先に確かに感じる弾力。

私は肌襦袢の綿生地を指先に巻き込んでいく。
次の隙間を探索する。
女性の着物の最後の隙間を探索する。

-----

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ
関連記事