FC2ブログ
  1. Top

【侵入B氏】第2話:美少女JKの処女

1.序章

僕は、寝ている女性を犯すいわゆる睡眠姦が好きです。
気に入った女性の自宅のカギを入手して夜な夜な忍び込み、即効性の睡眠スプレーを使って性癖を満たしてます。(※第1話参照)

職業は保険の販売員。
今日はお得意様のH元さんのマンションに訪問してます。
リビングのテーブルを挟んで向かい側、美人の若い奥さんが座っています。
契約中の学資保険の運用状況を説明するために伺いました。
一人っ子の娘さんのために入っていただいた学資保険。進路とお金のことは気になりますよね。

『ただいまー』

娘さんが帰ってきました。
ハスキー声、胸に赤いリボンのセーラー服姿で現れたこの娘さんは、H元K奈さん。●歳、JK。
私が来ていることに気付くと、はにかみながら会釈してくれました。

とびっきりの美少女。
アイドル級のその姿は、1000年に1人の逸材と言っても過言ではありません。

K奈さんはすぐに自分の部屋に入りました。
疲れているのか、目がトロンとしていて眠そうな様子でした。

「娘さん、相変わらず美人ですねぇ。奥様に似て」
『ねー、そうでしょお?ふふふ』

まんざらでもない様子。
娘さんもお母さんもどちらも美人であるのは間違いないです。
ただ、K奈さんは本当に圧倒的な美少女です。

美少女のK奈さん。
この娘さんの処女をいただいたのは、実は僕です。

もう1年前のことになります。
目を閉じると、処女のK奈さんの姿、鮮明に思い出せます・・・

» 続きを読む

【操りC氏】第2話:OLの股間と胸

1.序章

俺の特技は催眠術。性欲を満たすために覚えた。
各地のビジネスホテルを転々としては、女を催眠で落として部屋に連れ込み、性欲赴くままに弄ぶ。(※第1話参照)
中毒のようなものなので、この性癖は一生涯続くと思う。

夏の日差しが落ちて涼しくなった夕方。
この町のビジネスホテルを借りた俺は、通りに繰り出し物陰から女を物色する。

---

駅の方向から仕事帰りのOLが歩いてきた。
20代後半、身長165cm前後、紺色のブラウス、ガウチョパンツ、ヒールのサンダル、白いバッグ、ポニーテールにシュシュ。
すまし顔で歩く整った小顔は、仕事のできるクールなお姉さんという感じ。白いシュシュでふんわりと束ねたポニーテールが女の子らしい甘さを加えている。
ヒールの高い白いサンダルのせいか、身長は高く見える。
ひらひら袖の付いた紺色のブラウス。腰はくびれ、推定Cカップの胸の膨らみがしっかりと突き出ている。
ゆったりとしたひざ下丈の薄オレンジ色のガウチョパンツは、一見スカートのように見える
ボリューム感のあるお尻がしっかりと張り出してセクシー。大きなお尻を隠したかったみたいだが成功していない。

» 続きを読む

【痴 漢A氏】第3話:でか乳でか女

1.序章

私はごく普通の会社員として生活している。
趣味は痴漢。
女の子の個人情報を入手し、弱みに付け込んで触りたい放題。(※第1話参照
どれだけ触ってもノーリスク。満員電車が楽しみで仕方ない。

猛暑、残暑の夏が過ぎ、秋の気配。
クールビズの終わった駅のホームにはスーツ姿のおっさんが戻り、女性も秋冬仕様に衣替え。
冬に向けて厚着の女性が増えてくる。

ビジネスマン一色のホームの中、一際目立つジャージ姿の女の子が現れた。
身長190cmに届きそうなでか女。
その胸には、推定Fカップのでかいおっぱい。Asicsの大きなリュックを前にかけ、胸を完全に隠している。
ジャージは上下とも黒。スニーカーは青。
スラリとしたモデル体型。茶髪ショートカット、前髪ぱっつんの童顔。

S町S織。25歳。
実業団バレーボール選手。
ネット検索してみてわかったのだが、それなりに有名な選手らしい。
有名と言っても日本代表とかってわけではなく、ただ単に「おっぱいのでかいバレーボール選手」としてカメラ小僧の間で有名らしい。
検索すると、試合中のS織の乳や尻の激写写真が出るわ出るわ。
金払って試合会場まで行って、バレーボールを観戦しないで何をやってんだか。アスリートの扱いとして最低だと思う。

そんな有名なアスリートが目の前に現れたわけで、スポーツの秋にぴったりのシチュエーション。
今朝はこのでか乳で楽しむことにした。


---

» 続きを読む

【侵入B氏】第3話:絡みつく奥さん

1.序章

僕は、寝ている女性を犯すいわゆる睡眠姦が好きです。
気に入った女性の自宅のカギを入手して夜な夜な忍び込み、即効性の睡眠スプレーを使って性癖を満たしてます。(※第1話参照
普段はまじめに保険の販売員をしています。
今はちょっとだけサボってお散歩中。

秋の公園、落ち葉を踏みながらぷらぷら歩いてると、ママチャリに乗った奥さんが向こうからやってきます。
買い物袋を前かご後ろかご一杯に詰め込んで、鼻歌で上機嫌、軽快に自転車を漕いできます。
僕は自転車の彼女に笑顔で会釈しました。
僕に気付いた彼女は『ああ!』と驚きながらにっこりと微笑み、ペコペコとお辞儀をしながら颯爽と通りすぎていきました。

可愛らしいこの奥さんは、A瀬H子さん。31歳。主婦。既婚。4人家族。
旦那さんとの保険契約がご縁で、時々ご挨拶に顔を出します。

» 続きを読む

【操りC氏】第3話:真正ロリ女子大生

1.序章

俺の特技は催眠術。性欲を満たすために覚えた。
各地のビジネスホテルを転々としては、女を催眠で落として部屋に連れ込み、性欲赴くままに弄ぶ。(※第1話参照
中毒のようなものなので、この性癖は一生涯続くと思う。

肌寒くすっかり日が暮れるのが早くなった秋の夕方。
この町にビジネスホテルを借りた俺は、通りに出て小型双眼鏡を覗きながら女を探す。
ふと、妙な女の子を見つけた。

---

» 続きを読む